ペケレとはアイヌ語で、きらきらした美しいもの、清らかなもの、聖なるものという意味があります。また、ウイペケレということばもあり、それは口承の歌や詩のことをさします。両方の意味が「ペケレ」にあります。アイヌ語では「レ」を弱く発音するので、ロゴはPEKReとしました。つながりによって学びの場を創り、共に生きるための智慧を伝えていきます。


  • クリエイティブ・ライティング・センター ペケレ代表 田口ランディ
  • 田口ランディ 1959年生まれ 作家 2000年に「ひきこもり」をテーマにした小説「コンセント」(幻冬舎)を発表しベストセラーに。その後も社会問題を通して人間の心の闇をテーマに広く執筆活動を展開。2001年に第一回婦人公論文芸賞を受賞。作品は他言語に翻訳され、『コンセント』『アンテナ』は映画化された。フィクションとノンフィクションを往還しながら独自の作品世界を構築。『パピヨン 死と看取りへの旅』『ヒロシマ、ナガサキ、フクシマ、原子力を受け入れた日本』『富士山』など著作は共著も合わせると60冊以上に。著述以外にもアート、音楽など他分野のアーティストとコラボレーションを展開。障害をもった子どもたちとのアートワークショップを定期的に続けている。社会活動では発達障害の会を地域で立ち上げるほか、や原発問題を扱う研究会「ダイアローグ研究会」や、放射性廃棄物最終処分に関する対話の場づくりを続けている。自身の家族の体験から介護・アルコール依存症、看取りの問題にも詳しい。2017年に元オウム真理教信者だった死刑囚との交流をもとに描いた小説『逆さに吊るされた男』(河出書房新社)を発表。宗教的な作品も多いため、宗派を超えてさまざまな宗教者と対談を出版している。


Please contact here.

The English version is coming soon.